FC2ブログ
ベスのこと2
2009 / 12 / 23 ( Wed )
お気に入りの写真です。
若いベスと、若いボスと、ちっこいイブ。
ベスは女の子だけど、黒っぽい色合いのせいかよく男の子に間違えられました。
ころんとした体型のボスに対して、ベスはスッとしていてスタイルが良くてすごくきれいでした。
白い靴下に、白いエプロン、鼻先がちょこっと白いのも可愛かったです。
1223g_20091223105309.jpg

ベスはベッタベタの甘えっ子というとはちょっと違うけど、
さりげなく、クールに甘える子でした。
お気に入りの場所は、ソファの背もたれ。
1223f_20091223105300.jpg

ソファの背もたれはちょうど私の肩の高さなので、
背もたれの上で長くなってくつろいで、
私が来たら、私の肩の上に顔を乗せてるのが日課でした。
1223d_20091223105301.jpg

多分私がソファに座るのを待っていたのだと思うんですよ。
1223c_20091223105301.jpg

私が座る場所はいつも決まっているのですけど、
ベスはいつも私が座る場所あたりの背もたれでダラーンとくつろぎながら待っていて、
ノリエママが来たら、スリスリと甘えてきました。
1223e_20091223105300.jpg
ノリエママの膝の上はボスや花ちゃんたちでいつも満員なので、
賢いベスは競争しないでさりげなく甘えられる場所を見つけたのでしょうね。

ベスの話、もう少し続きます。
よかったらお付き合い下さい。

★ブログランキングに参加しています。ポチポチッとクリックしてもらえたらうれしいです。
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

★CCアリスのネコグッズショップです。
bn36.jpg
11 : 41 : 10 | ベス | page top↑
ベスのこと
2009 / 12 / 22 ( Tue )
ベスのことで、沢山のあたたかいメッセージをいただきありがとうございます。
ベスのことを遠い場所から思ってくれている方がいることが嬉しいです。
ベスも虹の橋で喜んでいると思います。

私はまだベスのいない生活になれないけど、大丈夫です。
昨日は古いアルバムをひっぱりだしてきて小さい頃の写真を見ました。

ちっちゃいベスです。
1222a_20091222112747.jpg

ベスは、それまで思っていた仔猫とはどこか違う雰囲気の仔猫でした。
仔猫特有の愛らしさがなく、キリッとしていて妙におとなっぽくて、
外国の絵本に出てきそうな猫だなぁと思いました。
1222c_20091222112746.jpg

ベスはとても賢い猫でした。
うちの猫たちの中ではダントツ一番頭が良いです。
もしかして、私の話していること分かっているのかも?!
と思いたくなるくらいでした。
1222n_20091222112747.jpg

そしてベスは賢いだけではなく空気も読める子でした。
うちの猫たちは、みんな仲良しです。
それは、ベスの力が大きかったんじゃないかなと思います。
人間だったら、生徒会長におすすめしたかったです。
1222d_20091222112746.jpg

ベスとボスとイブとキティは、昔から大の仲良しで、
どの組み合わせでも、すばらしく仲が良いです。
1222e_20091222114032.jpg

猫が沢山いると、それなりに相性があって、
自分の気に入った猫とだけ仲良くする子もいます。
でも、ベスはみんなに対して同じように接します。
自分に対して壁を作っている猫に対しても、
その場の雰囲気を見て、ペロッとグルーミングしてあげたり・・・
相手が嫌がっている雰囲気を感じるとやめるのもベスのすごいところです。
ベティと、アリスは、ずいぶん長いこと他の猫に対して壁を作っていたのだけど、
その壁を崩すのに一番貢献したのはベスだと思います。

ベスのまわりにはいつも猫がいました。
ベスがいるところにキティちゃまが来て、そこにイブとボスが来て、
ボスを追いかけて花ちゃんが来て、、、
そんな風に猫団子が出来上がっていることが多かったように思います。

1130e_20091222120157.jpg
先月、ベスにグルーミングしてもらって、
すごく嬉しい顔をしているアリスを見て感動したんですよね。

ベスはみんなのお姉さん的な存在でした。
ねこたちみんなベスのことが大好きで、
そして私もベスが大好きでした。
これからもずっとずっと大好き。


★ブログランキングに参加しています。ポチポチッとクリックしてもらえたらうれしいです。
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

★CCアリスのネコグッズショップです。
bn36.jpg

11 : 34 : 30 | ベス | page top↑
ベス、虹の橋へ・・・
2009 / 12 / 21 ( Mon )
ベスさん、虹の橋に旅立ちました。
14歳4ヶ月、、、糖尿病による低血糖、低カリウム症でした。
1221.jpg
糖尿病になってから2年3ヶ月、1日2回のインシュリン注射に、定期的な病院通い・・・
ベスはよくがんばってくれました。
そして、私もがんばりました。

インシュリン注射をする以上、常に低血糖のリスクがあるので気をつけていました。
ベスの血糖値は時々暴れることがあり、半年に一度くらい大きな波がありました。
軽い低血糖を起こしてあわててブドウ糖を注入したこともありました。
今回は、少し前に見つけた腫瘍がほぼ良性だろうということでホッとした矢先に、
発熱と共に、食欲が落ちたことで血糖値が不安定になりました。
発熱の原因ははっきりはしませんが、今までも血糖値が不安定になって熱がでたことがあるので、
血糖値のコントロールがうまくいかなくて、一時的に熱が出たのではないかと思います。
糖尿病のネコは、食べると血糖値があがり、あまり食べないと血糖値はそれほどあがりません。
血糖値がそれほどあがっていないのに、いつもと同じ量のインシュリンをうつと低血糖の恐れがあるので、
すぐに病院に連れて行きます。
今回も、熱がでてから食欲が不安定だったので、こまめに病院に連れて行きました。
旅立つ前日の夜も食欲がなかったので病院に連れて行き、
先生と相談の上入院させることにしました。
今までも、血糖値が暴れている時は、病院に入院して数時間おきに血糖値をはかってもらって、
その動きを見てインシュリンの量を決めていました。
旅立った日の朝は、それなりの量を食べて、食べた量と血糖値を見てインシュリンを打ったのですが、
残念ながら低血糖による低カリウム症になってしまい、
すぐにカリウムを注入したり、いろいろしてくださったのですけど、
残念ながらベスは旅立ってしまいました。

この2年3ヶ月、ベス中心の生活をしてきました。
ベスがどれだけごはんを食べたか、おしっこのかたまりの大きさはどうか、といつも気にしていました。
インシュリンの注射の時間には、何をおいても家に帰ってきました。
今日からは、仕事帰りに時間を気にせず、友達と食事にいけます。買い物にもいけます。
それが、すごくさびしいです。
でも、いっぱいいっぱい可愛がったし、できることは全部やったので後悔はありません。
後悔はないけど、でもやっぱりさびしいです。

1221a_20091221125627.jpg
ベスと暮らした日々はうれしいこと、たのしいことばかりでした。
大好きだったから、お別れがせつないのは当然のこと。
でも、ベスに会えてよかったと心から思います。
ベス、ありがとね。
12 : 30 : 45 | ベス | page top↑
今日のベスとイブ
2009 / 12 / 18 ( Fri )
ベスさん、退院してきました。
熱も下がったら、食欲も戻りました。
熱が出た原因は直接的な分からないのですけど、
まずは熱がさがって良かったです。

イブは、昨日まではまぁまぁ食べていたのですけど、今日は食欲がイマイチで体重も少し減りました。
でも、病院で皮下点滴をしてもらったら食欲が少し食欲が盛り返して、
病院から帰ってきてからは少し食べはじめました。
イブはこれからも毎日食欲や体調の波があると思いますけど、
その日その日の体調を気をつけて見て、対応していこうと思います。

病名が分かってから少しでも腸に負担がかからないようにと考えて、
イブの食事について吟味していました。
そのあたりについては明日あらためて書きますが、
いろいろ調べた結果、一番よさそうなフードが今日届きました。
味は、、、あまり期待できないかなぁという雰囲気だったので食べてくれるか心配だったけど、
ためしに少しあげてみたら、食べてくれました!
1週間くらいかけて少しずつ切り替えていきます。
フードを変えて、少しでも腸の調子がよくなるといいなぁ。

さてさて、ケージの組み立ても終わりました。
花ちゃんは、新しいケージが気になってしょうがないみたいで、チェックに余念がありません。
このケージ、みんなの食事のときに使っているのと同じところで購入したのですけど、
以前はなかった側面と背面がアミアミじゃないのが出ていました。
アミから手を入れられてご飯を狙われる心配もなくていいし、
闘病用のケージとして用意したので、まわりが板だ囲まれているのも落ち着けていい感じ。
1218a_20091218130452.jpg

今、イブは一度にたくさん食べられません。
少しずつ食べたほうがが腸の負担も少ないと言うことなので、
私がいる時は、手皿でちょこちょこ食べさせているのですけど、
夜寝るときと仕事の時はそうも行きません。
うちは多頭飼いで、それぞれ食べているフードが違うので出しっぱなしには出来ません。
なので、私がいない時は、ケージに入ってもらって
いつでもご飯を食べれるといいかもと思ってケージを用意してみました。
1218b_20091218130451.jpg
とは言っても、ケージにいることがストレスになるなら意味がありません。
イブはもともとお食事どころのケージでくつろぐのが好きだったので、
ケージ自体に抵抗がないとは思うけど、ドアを閉められたらまた違うかもしれません。
ケージに入れたら、出して!出して!って言うかな、、、
もしそうなら、ケージを使う作戦はやめようと思っていました。
でも、今のところ、出して!出して!いう気配はなく、おとなしくケージに入っています。
嫌がらずにケージに入ってくれてて良かったです。

イブを入れてみたら、狙いどうり、一口二口ごはんを食べて、いったん休んで、
またしばらくしたら一口食べて、とちびちび食べています。
1218c_20091218130451.jpg

もちろん、入れっぱなしにするわけではありません。
私が家にいてイブの様子を見ていれるときはいつもどおり部屋を自由にさせて
出かける時と、夜寝る時だけケージに入っててもらえたらいいなと思っています。
病気のときはウンチとおしっこの状態をしっかり把握したいのですけど
多頭飼いなので、夜寝ているときにされちゃうと誰のかわからないこともあります。
大きさや色や使ったトイレとかで特定できる子もいるのですけど、
イブは使うトイレも決まっていないし、はっきり分からないのです。
また、吐きあとがあった時も、だれが吐いたか分からないこともあります。
腸が悪いのだからなおさら、ウンチの状態をしっかり把握したいのです。

選択肢として、違う部屋で一人で、、、と言うことも考えたのですけど、
同じ家の中とはいえ、普段猫を入れていない部屋はイブにとっては知らない家と一緒です。
仲良しの猫もいないし、生活の場ではないので、私もびっちりその部屋にいるわけにはいきません。
それよりはいつもの見慣れた部屋でケージのほうが安心できるかなと思います。
1218d_20091218130451.jpg
イブの病気にとってどうゆう暮らし方がいいのか
いろいろ試しながら探っていこうと思います。

★ブログランキングに参加しています。ポチポチッとクリックしてもらえたらうれしいです。
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

★CCアリスのネコグッズショップです。
bn36.jpg
14 : 46 : 32 | ベス | page top↑
ベスとイブ
2009 / 12 / 16 ( Wed )
昨日撮った写真です。
パソコンをしていたら、病気コンビのベスとイブがそばにきました。
1216d_20091216184157.jpg

イブが甘えモードで近づいてきたら、
1216e_20091216184157.jpg

ベスさんがペロペロとグルーミング。
1216f_20091216184157.jpg

小さい頃から仲良しだったベスとイブ。
病気まで一緒になることないのにねぇ。
1216g_20091216184156.jpg

ひとしきりイブちゃんをペロペロした後、
今度は自分が甘えたいモードになってノリエママに甘えています。
1216h_20091216184156.jpg

ベスとイブの病気、重なってびっくりしたけど、
あぁ、病気になってしまった・・・ってどよーんとしているわけではありません。
でも、いつ病気になってもおかしくない年齢だと言う覚悟があったせいか、
落ち着いて対処しています。
どよーんとしている場合ではないって感じ。

5年前の今頃はボギィ王子の闘病中でした。
ボギィは脳腫瘍で、症状が出て病院に行ったときは、もうどうしようもない状況でした。
そのときは、家の猫が大きな病気をしたのは初めてだったこともあり、
私はボギィのために何をすればいいのか、ずいぶん迷いました。

今回は、ボギィの時と違って、どうしようもない病気ではありません。
ベスの腫瘍は、ぬり薬が効いている傾向が見えるし、
イブの病気は簡単ではないけど、お薬を飲ませたり、食事を考えたりすることで、
良くなっていく可能性があります。
ボギィのときは、万にひとつの可能性を信じたい気持ちはあったけど、
現実問題としては、希望が見えない状況でした。
その時の経験があるからか、ベスの腫瘍も、イブのIBDも良くなる可能性がある病気でよかったと思います。
元気になるように、あれこれしてあげられることも幸せなことなのだと思います。

★ブログランキングに参加しています。ポチポチッとクリックしてもらえたらうれしいです。
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

★CCアリスのネコグッズショップです。
bn36.jpg

23 : 15 : 16 | ベス | page top↑
腫瘍を見つけた時のこと
2009 / 12 / 15 ( Tue )
ベスさん、今日も元気です。
1215c_20091215100436.jpg

ベスの腫瘍を見つけたのはたまたまです。
ベスは、ものすごい脂性で、その上フケ症です。
若い頃は時々シャンプーをしていたのですけど、ベスはお水が苦手で、
お風呂でおしっこをちびっちゃったこともあります。
シャンプーすると、かなりのストレスになり、体力も消耗するので、
年をとってからは、シャンプーをしていません。
そのかわり、月に2~3回蒸しタオルで体を拭いてあげています。
ベスの腫瘍をみつけたのは、蒸しタオルで体をフキフキしている時でした。
おなかの方を拭こうと思って、だっこしたときに親指に違和感が・・・
見てみると、にきびみたいな出来物が・・・
長毛猫は、毛が長いので、普段はだっこしても皮膚の出来物は分かりにくいです。
でも、たまたま、体を拭いて地肌が見えやすくなっていたこととが幸いしました。
体を拭いても、シャンプーでしっかり汚れを落としたみたいにきれいになる訳でもないし、
まぁ、拭かないよりはましかな、くらいの感じで時々拭いてたのですけどその習慣が幸いしました。
それともうひとつ。数ヶ月前にサマーカットにしました。
それ後体の毛が少し薄くなって、しっぽの毛はいつまでたっても短いままで、
やはり年だから代謝が落ちてるんだな、と
ちょっと淋しい気持ちになったりもしていました。
でも、毛が薄くなっていたから、腫瘍が見つけやすかったというのもあります。

イボを見つけたときはそれほど深刻には感じなかったので、
病院にいくついでがなければ次の糖尿の検診の時に、診てもらうことになったと思います。
次の検診は21日の予定でした。
たまたま、その頃イブが食欲不振で、イボを見つけた次の日も病院に行きました。
ついでにベスも連れて行きました。
そして、イブとベスの病気が同じ日に発覚することになったのです。
イブの食欲不振がなければ、21日まで病院に行かなかったかもしれません。
いつもイボを見つけては病院に行って「これは心配ないですよ」と言われていたので、
「きっとまた加齢によるイボですね」と言われるだろうと、
ちょっと油断した部分があったかもしれません。
イブのおかげで9日早く治療をスタートすることが出来ました。
病気はなんでも早めに分かったほうが良いので、
気になることがあったら早めに病院にいかなくちゃね。
さて、そんな感じで見つけたベスの腫瘍ですが、
「ちいさくなぁれ、ちいさくなぁれ」と言いながら今日も塗り薬をぬりぬりしました。
最初はとりあえず手術までのつなぎの気休めみたいに思っていたのに、
実際に腫瘍が小さくなりはじめたら、魔法の薬みたいに思えてきました。

1215a_20091215100437.jpg
ベスとイブの病気のことでは、たくさんの方にあたたかい言葉をかけていただいて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
おかげで、ベスもイブも良いほうに向かっています。
ベス&イブのことを思ってくださってありがとうございます。


★ブログランキングに参加しています。ポチポチッとクリックしてもらえたらうれしいです。
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

★CCアリスのネコグッズショップです。
bn36.jpg


10 : 53 : 25 | ベス | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ