FC2ブログ
ベスとキティ
2008 / 09 / 01 ( Mon )
ベスの後ろからニョキッと現れたキティちゃま
0901e_20080901095931.jpg

テトテト歩いて、
0801h_20080901205454.jpg

カメラの前に来て、
0901i_20080901205502.jpg

ペロッ。
0901j.jpg

そして、大好きなベスねーちゃんを、
0901l.jpg

ていねいにペロペロペロペロ。
0901m.jpg

キティちゃまはベスの事が大好き!
0901n.jpg
しあわせ。しあわせ。

★キティちゃまかわいい!ってポチポチしてもらえたら感激にゃん
にほんブログ村 猫ブログへ 

★CCアリスのネコグッズショップです。
linkbn1.jpg


21 : 04 : 09 | ベス | コメント(2) | page top↑
糖尿病1周年
2008 / 09 / 01 ( Mon )
昨年の9月1日の夜、ベスの糖尿病が発覚しました。

0901a_20080901095910.jpg

前日からなんとなく元気がなくて、少し食欲が落ちていたのですけど、
何しろ老猫です。普段から寝ている時間が長いです。
去年の今頃は暑かったので、食欲が落ちてるのも暑さのせいかも、、、と思ったりもしました。
でも、なんとなく、いつも様子が違う気がして病院に行って検査をしてもらったら
なんと、糖尿病・・・ ガーンッ。

あの日から1年。

ベスは、数日間病院でインシュリンの量をコントロールするために入院をして、
退院してきてからは毎日朝晩家でインシュリンの注射をしています。
最初は、「私に注射なんてできるかしら」と心配でしたが、何でも慣れるものですね。

インシュリン注射を打つことにはなれたけど、
ある程度の時間を置かなければ低血糖の心配もあるし、
時間がたちすぎると、血糖値があがりすぎてしまったり
いろいろ難しいこともあります。
なるべく12時間おきに打つのが理想です。

何もない時はいいのですけど、どうしても夜に外出しなければならないこともあります。
仕事が遅くなる時もあるし、友達と食事に行くこともあるし、時には結婚式があったりもするし、
ワタクシは音楽活動をしているので、スタジオでの練習や、ライブもあります。
でも、どこにでかけても、ベスの注射の時間には家に帰ってきて注射をします。
楽しい時間を、途中で切り上げて帰ってくるのはちょっと寂しい時もあるけど、
でも、それでベスが元気に暮らせるなら、全然平気!
いくらでも帰ってくるわ。

0901g_20080901120548.jpg
最近立て続けに「ノリエ糖尿病なんだって?!」と言われました。
みんなで楽しい時間を過ごしている途中で帰らなければならない時は、
「糖尿病の猫のインシュリンの時間だから」と言って帰るのですけど、
直接聞いていなかった人が私がいないことに気づき「あれ、ノリエは?」と聞いたとします。
そして、「ノリエは、インシュリンの注射があるって帰ったよ」と言ったとします。
「猫のインシュリン」の「猫の」が抜けたことで、ちょっとした誤解が生まれ、
「ノリエ糖尿病なのね~」となるわけです。
違います。糖尿病は私ではありません。

0901b_20080901095916.jpg
ベスはインシュリンのおかげで、うまく体調を維持できて、
先月無事に13歳の誕生日を迎えることが出来ました。
糖尿病が発覚した時よりは、1回に打つインシュリンの量が減りました。
少ないインシュリンの量で体調が維持できると言う事は、いいことだと思います。
これからも糖尿病とうまく付き合っていけたらいいなと思います。

あれれ、ベスさんの頭の後ろに何か変な影が・・・
0901d_20080901095926.jpg

あっ、
0901e_20080901095931.jpg

キティちゃまだっ!
0901c_20080901095921.jpg
こうゆうなんでもない光景がしあわせです。

私は熱も下がって元気になりました!

★かわいい!ってポチポチしてもらえたら感激にゃん
にほんブログ村 猫ブログへ 

★CCアリスのネコグッズショップです。
linkbn1.jpg
12 : 10 : 10 | ねこたち | コメント(9) | page top↑
| ホーム |