FC2ブログ
ボスのためにできること
2012 / 12 / 12 ( Wed )
病院の先生に「いつ何があってもおかしくない状態」と言われてから
3週間がたちました。
ブログを見てくださっている沢山の方が、ボスのことを思ってくれて、
ボスを思ってくださる気持ちがとても嬉しく、いつも励まされています。
本当にありがとうございます。
ボスへのメッセージは、全部声に出して読んでボスに聞かせています。
皆さんの気持ちが通じたのか、ボスは今日もがんばってくれています。

昨日は、夕方くらいまでずっと王様イスで横になっていました。
痛いとかつらいとか言う感じではなく、体がだるそうに見えます。
1212a_20121212095537.jpg

夜になったら、リビングのソファでキティちゃまと仲良ししていました。
リビングに来たと言う事は、少し気分がよくなってきているのかも。
1210f_20121211091207.jpg

16年前の写真です。
仔猫キティと若いボス。
1210a_20121211091235.jpg

こちらは、ボスとキティとイブ。
1210c_20121211091202.jpg
ボスがお父さんで、イブがお母さんに見えるけど、
当然ながら血はつながっていません。
血はつながっていないけど家族です。

私と猫たちも、血はつながっていないけど(当たり前だ)
私にとって猫は我が子です。
大切な家族です。

愛らしく若々しかったボスとキティは、
いつの間にか私を追い越して、おじいさんとおばあさんになりました。
老いていく猫を見るのはせつないことではあるけど、
それをひっくるめて猫と家族になるということだと思っています。
ボスの今を、家族としてしっかり受け止めて、
ボスが幸せであるように、出来るだけのことをしたいです。

今まで猫が病気になった時、猫のためにどうすることが良いのか迷うことが多かったです。
いつも迷いながら、治療のことや、家での看護の仕方など決めてきました。

でも、ボスは、うれしいこと、イヤなことの意思表示がはっきりしています。

少し前に、自力で立ち上がることが難しくなった時に、
試しに以前ベティが脳腫瘍で倒れた時に使った大きめサークルを出してみました。
0211f_20110211221659_20121212110541.jpg
ベティはかこまれたスペースでの暮らしが安心できる様子だったのですけど、
ボスは、サークルでの暮らしはイヤだと言いました。
サークルでの暮らしのほうが安全だとは思うけど、
ボスがボスらしくゴキゲンに過ごせるのが一番大切だと思うので、
サークルは片付けました。

ボスは私がそばに入ると、すごくうれしい顔をします。
私がそばにいることを望んでくれることがうれしいです。
ボスの為に出来ることがあるということもうれしいです。

出来る限りボスのそばにいたいと思います。

★ボスを応援してね!よろしくねッ!
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

★まめねこのショップです。
bn36.jpg

※拍手ボタンからメッセージをありがとうございます。
いつも楽しみに読ませていただいて、
ブログを更新する励みになっています

10 : 38 : 21 | ボス | page top↑
| ホーム |