FC2ブログ
ボスたちが教えてくれたこと
2015 / 12 / 12 ( Sat )
私にとってボスたちがはじめての猫で、
みんな特に病気をすることもなく元気だったこともあり、
年をとって、持病を持った時のことを考えることはありませんでした。

小さい頃のボスとベス
1211a_201512112351043f6.jpg

小さい頃のボスとキティ
1211b_201512112351056fa.jpg

若いボスとベスとイブ
1211c_2015121123510778f.jpg

それから10年以上の時間が流れ、
猫たちが12歳を過ぎると、
それぞれ持病を持つようになりました。
長い期間の闘病生活を送ったのは、ボスとベスとイブ。

糖尿病のベス、
1211f_20151211235142b01.jpg

IBDのイブ、
1211e_20151211235110616.jpg

いろんな持病を抱えていたボス。
1211g_2015121123514386b.jpg
ボスベスイブは闘病時期が重なっている時期もありました。
その間にベティの1カ月くらいと短期ではあったものの、
つきっきりで看病もありました。

毎日薬を飲ませたり、インスリン注射を打ったり、
定期的に病院に通ったりしている中で、
上手に薬を飲ませられなかったり、
仰向けになるのを嫌がり、エコー検査がスムーズに出来なかったりと、
困ることもありました。

最初は苦労した薬も、
飲ます方も飲まされる方もだんだん慣れて、
慣れてしまえば、簡単に飲ませられるようになります。 
1211d_201512112351083c7.jpg
でも、慣れるまでは本当に大変でした。
まず、口を開けられることに抵抗があるのです。
また、甘えんぼで、自分からひざの上に来て、
ゴロゴロ甘えるのに、仰向けにされるのは嫌いと言う子もいました。
口を開けられたり、仰向けにされることに慣れていないから、
びっくりしたのだと思います。

6年間の闘病生活の中で、
小さなころから習慣づけておけばよかったな、、、と
思うことが沢山ありました。

そして、その時にボスたちに教えてもらったことを、
リンゴ3兄弟の育児で実践しました。
口をあけること、あおむけにすることを習慣づけました。

その結果、
お客さんのひざの上でヘソ天する猫になりました。
1206d_20151212000807f98.jpg

ギンもあおむけでお腹を触られるのが大好きです。
1115a_2015121200080800e.jpg
口を開けられるのも平気です。
持病を持った時に、薬を楽に飲ませられることでしょう。
歯も触れるので、歯のケアもできます。
具体的な子育て法についてはまた明日。

*ボスたちには、たくさんの事を教えてもらいました。
ボギィ、アリス、ボス、ベス、イブ、ベティ・・・
いつまでも忘れることはありません。
ブログのコメントは申し訳ないことに
読みっぱなしになってしまっていますが、
昔のブログ記事を順番に読んでコメントを下さる方がいます。
ボスやイブたちへのメッセージを読んでいると、
なんだか嬉しくなります。
ちょっと変な言い方かもしれないけど、
必死で猫たちの病気と向き合った日々が、
ブログの中に存在してるんですよね。
Mさんいつもコメントありがとうございます。

※リフォームブログ更新しました。
よかったら見て下さいね。ココをクリック

★ねこたちを応援してね!よろしくねッ!
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
09 : 43 : 48 | ねこたち | page top↑
| ホーム |