FC2ブログ
思うこと
2011 / 02 / 08 ( Tue )
ベティちゃま、今点滴中と言うことで、
点滴が終わる夕方4時に迎えに行きます。
あぁ、よかった。ほんとによかった。
ベティのこと応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。
家に帰ってきたら、ベティのために出来る限りのお世話をしてあげたいです。

ベティが帰ってきたら、いつ発作が起きるかわからないし、
なるべく家にいたいので、今日は朝から食料品とか日用品とか、
当分買い物に行かなくていいように、買い出しに行ってきました。

今回のことで、ふと思ったことがあります。

昨年6月にアリスが旅立ちました。
アリスは当時12歳で、家の猫の中では若い方で、
まだまだ美しく若々しかったです。

お別れは突然で、私はとてもショックだったけど、
アリスは美しいままボギィのところに行ったんだな、、、とも思いました。

プライドが高く、凛としたところがあるアリスらしい旅立ち方でした。

ベティは昨年秋くらいから、ベティはちょっとボケてきていて、
赤ちゃん返りをしている兆候がありました。
今回のような発作がなくても、近いうちにベティの介護をする予感がしていました。

小さくて甘えんぼで、見た目も性格も仔猫みたいなベティが、
仔猫のようにママにお世話してもらうのは、
ベティらしいというか、ごく自然のことのように思います。

金曜日に発作を起こした時のことを今思い返すと、
テトテトと私のそばにやってきて、すぐに発作を起こしました。
体の異変に気がついて、私のそばに来たような気もします。

あの時、発作に気がつかなければ、今頃ベティは虹の橋で、
もしそうなったとしても、それがベティの寿命なのだと思います。

でも、ベティは私のそばに来て、発作を起こした。
そう思うと、ベティがまだまだノリエママに甘えることを選んだんだな、と
そんな風にも思います。

1995年に撮ったベティの仔猫時代の写真です。
betty05.jpg

ボスとベスとベティ。みんな4カ月くらいかな。
betty02.jpg
15年間そばにいてくれた大切な大切な存在です。
ベティとまた一緒に過ごすことができることに心から感謝します。
ベティはいまは落ち着いているけど、いつまた大きな発作がくるか分かりません。
ベティにあとどのくらいの時間が残されているか分からないけど、
一緒にすごす時間を大切にしなくちゃ。

★ベティちゃまを応援してね!よろしくねッ!
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

★CCアリスのネコグッズショップです。
bn36.jpg

12 : 04 : 10 | ベティ | page top↑
| ホーム |