ボス、がんばって!
2013 / 01 / 29 ( Tue )
ボスにエールをありがとうございます。
ボスは、今日も頑張っています。
生きようとしています。
生きようとする本能が備わっているのだと感じて、
あきらめないことの大切さをボスに教えられました。

私の願いは、ボスが苦しくないこと、
そして、ボスらしく過ごすこと。
1129c_20130129092239.jpg

猫が病気になったとき、どうするのがいいかというのは、
猫の性格、年齢、住んでいる場所の医療環境、
家族が家にいる時間などによって、違ってくると思います。

もしボスが、一人になれる落ち着ける場所で静かに過ごすことを望むならば、
酸素室を作って、そこにで過ごしてもらったと思います。
でも、ボスは狭い個室で一人っきりは好まない気がします。
1129d_20130129092239.jpg

いつも通り、みんなといっしょがいいよね。
キャンディ、一生懸命ボスの背中をフミフミしています。
もしかして、マッサージしているつもりなのでしょうか・・・
ちなみに、ボスの頭の毛がボサボサなのは、
寝ぐせではなく、キャンディが張り切ってグルーミングしたからです。
1129b_20130129092238.jpg

ボスは、今まで十分すぎるくらい頑張ってきました。
アレルギーで病院に通いはじめ、
12歳の時に、健康診断で腎臓の数値が高めに出たときから、
毎日、朝晩のお薬が始まりました。
腎臓の数値は、基準値よりもほんの少しだけ高いだけだったので、
普通なら、療法食で様子を見るくらいのレベルでしたが、
腎臓のごはんに変えたら、アレルギーが悪化して、
見ていられないくらいのひどいかゆみがでたので、
腎臓のごはんはあきらめ、アレルギーのごはんに戻して、
代わりにお薬をスタートしました。
もう5年以上薬を飲み続けています。
でも、そのかいあってか、今も基準値は少しオーバーしているけど、
それ自体で命にかかわるほどは悪くならずに維持できています。
15歳を過ぎてからは、血糖値が高めでインスリン注射もしています。
それに伴い定期的に病院に通って、検査などもしています。
病院も、薬も、注射も、猫にとってはイヤなことだと思います。

11月にボスが体調を崩した時に、
今まで、イヤなことをたくさん、たくさん、がんばってきたのだから、
もうこれ以上「がんばれ」とは言えないな、、、という気持ちになりました。

でも、がんばって!とは言っていないのに、ボスは頑張ってくれています。
こんなに頑張っているのに、さらに頑張れとは言えないな、、、と思って、
言わないようにしていたのですけど、
不思議なもので、どうにも「がんばって!」と言いたくなってしまいます。
無理に我慢する必要もないので、がんばってー!と言いまくっています。

だって、今のボスはがんばろうとしているから。
生きようとしているから。

だから、がんばって! ボス、がんばって!

★ボスを応援してね!よろしくねッ!
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

※拍手ボタンからメッセージをありがとうございます。
読みっぱなしになってしまっていますが、
ボスを思って下さる気持がうれしく、パワーをもらっています。
ボスにいただいたメッセージは、すべて声に出して読んでボスに聞かせています。
「ボスくん、にんきものだねー」って言ったら、うれしそうなかおをしてました♪
09 : 38 : 22 | ボス | page top↑
| ホーム |