人間だったら女たらし
2013 / 09 / 30 ( Mon )
今日は、マグとの思い出話にお付き合いください。

マグは1歳3カ月で家に来ました。
この写真はオランダのママが送ってくれた写真です。
0930b_20130930090746694.jpg

2カ月半くらいのマグ王子。
家に来た時は、もうすっかり落ち着いていたけど、
この写真を見ると、やんちゃな顔をしてますね。
0930a_20130930090745b9d.jpg

家にきた日に撮影した写真です。
もう、すっかり大人です。
外国から大人の猫を迎えると言うことで、
いろんなドキドキがありました。
0930c_201309300907489a4.jpg

一番の心配ごとは、長時間の飛行機。
乗り物酔いして具合悪くなったりしないだろうか?
元気に日本についてホッとしたら、
今度は、日本の生活になじんでくれるだろうか?
私になついてくれるかな?
先住猫たちとは仲良くできるかな?
でも、もし、日本の食べ物が口に合わなくても、
先住猫たちと仲良くなれなくても、
家に迎えたからには、すべてを受け入れて、
マグを絶対幸せにするからね!と覚悟にも似た気持ちがありました。
・・・が、マグ王子は拍子抜けするくらいに、
あっさり我が家での暮らしを受け入れ、
猫たちともすぐに仲良くなりました。
0930e_20130930090751f36.jpg

中でも嬉しかったことは、アリス姫がマグを気に入って
心を許したこと。
0930d_20130930090749b30.jpg

仲良し体質(?)の子は、みんなと仲良しの子が多いけど、
アリスは、ボギィのことだけが好きで、ボギィにだけ心を開いていました。
でも、そのボギィは脳の病気で8歳で虹の橋に旅立ってしまいました。
それから3年間、アリスは他の猫たちとは
一定の距離をとって暮らしていました。
そのアリスが、マグの部屋に入りたくて、
必死にドアをカシカシしているではありませんか。
0930f_20130930091948fc4.jpg

プライドが高く、お姫様気質のアリス姫を、
優しいマグは、ごく自然に受け入れてくれました。
0930h_20130930091951487.jpg

不思議なのは、アリスはマグと直接会う前に、
ガラスのドア越しにマグを見ていただけで、
「私、マグが好きだわ!」という態度を見せていたこと。
一目ぼれ?
それとも、心やさしいマグの気質を見抜いていたのか?
実際の所どうなのか、答えは分からないけど、
ボギィがいなくなってから、どことなく淋しそうだったアリスが、
マグに心を開き仲良くしている姿は、本当にうれしかったです。

同時進行で、マグはガラスのドア越しに、
キャンディとも恋物語を進行させていました。
人間だったら「女たらし」(死語か?)と言われるところだけど、
猫は「みんなで仲良く」が幸せなのでおっけーです。

★マグとアリスを応援してね!よろしくねッ!
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 
09 : 41 : 22 | マグ | page top↑
| ホーム |