仔猫時代のキティと未来のこと
2014 / 06 / 07 ( Sat )
ちっちゃいキティと若いボス。
0607e_201406070925156cf.jpg

キティちゃまが赤にゃんの頃、育児に熱心ではなかった母猫ベティに代わって、
ボスがおなかをすわせたり、グルーミングしてあげたり、
かいがいしくお世話をしてくれました。
ボスはオスなので当然ミルクはでないけれども、
お腹に吸いついているだけで、あたたかさを感じて安心出来たんだろうなぁ・・・
0607d_20140607092514892.jpg

服の袖口にもぐりこんだキティちゃま。
表情のかわいいこと!
0607c_20140607092512b38.jpg

昔の写真を見て、「そうそう、こんなことあった!あった!」とか、
「なつかしいなぁ」とか、思い出にひたって楽しむこともあるけど、
未来のことを想像することもあります。

わりと近い一年後のことを思う時、まず最初に思うことは、
キティちゃまがそばにいてくれたらいいなぁ・・・と言うこと。

キティちゃまは今17歳9カ月。
いつどんな病気になってもおかしくない年齢です。
昨年末から今年の初めあたりは、ちょくちょく顔面痙攣の症状が出て、
もしや脳腫瘍とかの初期症状か?!と心配しましたが、
薬の効果なのか、痙攣の症状は出なくなりました。
経過をみると、脳腫瘍等の深刻な病気ではなかったようでほっとしていましたが、
実は、先月の健康診断でした血液検査でCPKが基準値をオーバーしていました。
CPKは心臓や筋肉にかかわる数値です。
17歳9カ月です、血液検査で基準値オーバーが一項目くらいあっても、
当然と言えば当然だけど、やはり心配です。
でもね、今週再検査したら、基準値におさまっていました。
よかった~~。

最近はちょっとボケているのか、耳がとおくなっているのか、
しょっちゅう大きな声で「ママー、ママー!」と叫んでいます。
0607a_20140607092509efa.jpg

耳が遠くなったのかな? ボケてきたのかな?と思う姿を見れることは、
幸せなことだなぁと思います。
長生きしてくれているということですから。
0607b_20140607092510cb2.jpg

1年後、花ちゃん、マグ、キャンディ、林檎ちゃんは、
きっと元気でそばにいてくれるだろうと、どこかで思っています。
でも若いからと言って、健康でいることが当然ではないことも知っています。
花ちゃんは、来年の今頃は9歳9カ月。
最近の猫の寿命を思うと、まだまだ若いとは思うけど、
元気で当然と言う年齢でもありません。
いろいろ気をつけなくちゃ。

10年後を思う時、花ちゃんと、キャンディと、マグと、林檎ちゃんが、
私のそばにいてくれたら、そんな幸せなことはありません。
10年後花ちゃんは18歳、マグとキャンディは16歳、リンリンは11歳。
あんまり先のことを考えてもしょうがないけど、
みんなと一緒に楽しく年を重ねていけたらいいなぁと思います。

リフォームブログ更新しました。
よかったら見て下さいね。ココをクリック

★キティちゃまを応援してね!よろしくねッ!
banner_24.gif  にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
09 : 58 : 36 | キティ | page top↑
| ホーム |